Android 2.3 Platform 導入による adb.exe 実行エラーの対処

Android 2.3 が出ていたので、何となくダウンロード&インストールをしたところ、デバイスとPCを接続してもadb.exeが実行されなくなってしまった。
コマンドプロンプトで“ adb shell(remount) ”を実行しても、キャプチャを撮ろうとして“ ddms.bat ”を実行しても adb.exe が見つからないとエラーになってしまう。
何のことやら解らないまま、再度最新の「android-sdk_r08-windows.zip」や古い SDK を入れ直しても結果は同じ。
adb.exe の所在を確認してみると、SDK Manager.exe を実行した際にできた「 platform-tools 」フォルダの中にあり、以前の SDK では「 tools 」フォルダにあった為、コピペで「 tools 」に移してコマンドプロンプトを実行してみると、今度は AdbWinApi.dll が無いとエラーが出た。これも adb.exe と同じフォルダにあったので、同様に移動すると実行できた。ddms.bat もちゃんと起動した。
今回、この2つだけを移動したが、「platform-tools」フォルダにある他のファイルは取り敢えずそのままにして、また不具合があった時にでも確認をして移動をさせる事にする。

  • < 追記 > … ちょっと調べてみたら同じような症状で別の対処方法があったので、設定を変更。恐らくこちらの方が正しい。
    1. マイコンピュータを右クリックし、プロパティを開く。
    2. 左項目の「システムの詳細設定」を選択。
    3. 「詳細設定」タブの「環境変数」を開く。
    4. 「システム環境変数」の中から「path」という項目を選択し「編集」をクリック。
    5. 変数値の最後の部分にandroid-sdkの「platform-tools」フォルダの場所を書き込む( 以前は「 tools 」)。
      ;C:\android-sdk\platform-tools 」を追加。
      ※パスの前に「;」を入れる。入力後にOKを押してウィンドウを閉じる。
    6. 「コマンドプロンプト」を起動し、「path」と書き込んで実行。追加した path が出れば OK。


    参考1.Android-SDK2.3のadbが消えた件について(Windows)
    参考2.手順書/AndroidSDK導入(windows)初心者向け

広告

NexusOne を標準環境に戻す

3ヶ月振りの投稿になりました。Twitter を利用すると Weblog の更新が疎かになるのは多分に洩れずってとこですが、Blog 目的の備忘録としての役割を果たしておらず、特にネタが無かったわけでもなく、寧ろ逆でそれ以前から書いていなかった購入デバイスに関するメモはたくさんありました。今更、振り返って書く程のネタでもないので、またちょくちょく更新して行こうと思います。しかし、今年は私的に一番たくさんデバイスを買ってしまった年となり、ちょっと自己嫌悪 orz
と、いうわけで新たに購入したデバイスのひとつ(というよりはおかわりに近い)、NexusOne の SuperLCD(TFT液晶)版についてひとメモ。
「標準環境」に戻したのには理由が2つ。ひとつは、カスタム ROM の CM nightly を使用していたので、どの更新分からか覚えていないのですが、フィンガースクロールをした時に画面縦左 1/3 部分でズレてしまう状態になってしまいました。スクロール後の静止状態では問題ないのですが、ROM を更新しても改善する様子が無かったので、オリジナル ROM にしようと思ったこと。もうひとつの理由は、これも新たに購入したデバイスになりますが、DesireZ が CM6.10stable になってバッテリーの保ちが格段に良くなり、予備バッテリーも手に入ったことで、NexusOne に代わってメイン使用ができる目途が立ったので、来る「 Gingerbread(2.3)」の配信に備えようと思ったことです。

< 手順 >

  1. 766a101ae02c.signed-passion-ota-60505.766a101a.zip をダウンロード。「 update.zip 」にリネームしてSDカードに入れる。
  2. NexusOne の電源を OFF。ボリュームダウンを押しながら電源を入れる。
  3. bootloader が起動したら、RECOVERY を選択して電源ボタンで実行する。
  4. RECOVERY(/!\とドロイドくん) が表示されたら、電源ボタンを押しながらボリュームアップを押すとメニューが表示される。
  5. wipe data / factory reset を実行する。(カスタムRomから戻す場合には必須です)
  6. apply sdcard : update.zip を実行する。
    起動後には FRG83 になりますが、通信環境ができれば直ぐにアップデート通知が来て、FRG83D に。

参考:コムギドットネット さん

RoDrIgUeZsTyLe @ FroYo [FRF91/CM6] r21 MOD v3.3

FRF91 & CM6 版の RoDrIgUeZsTyLe @ FroYo が出て早々にまたアップデートされていたので、入れ直しました。

  1. Step_One_Froyo_Radio_Update.zip
  2. RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-MCR-r21-CM6-MOD-FRF91-v3.3.zip
  3. A2SD-PLUS-ACTIVATOR-FOR-RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-ROMS-V2.zip
  4. 2.6.35-rc4_AVS-925mV_BFS_1113Mhz_070510.zip
  5. signed-SamsungLWPs.zip

相変わらず Step2 の後に Step3 を入れるとおかしくなります。今回は起動はしたのですが、「電話( com.android.phone )が予期せず停止しました。やり直してください。」とエラーがで出た上に、signed-SamsungLWPs.zip を実行しても Galaxy 風にならなかったので、結局、いつもの上記の順番どおりに入れました。
今回、Step3 で選んだカーネルは、
BFS ( better Performance )+ 925mV ( best Signal but not so Good BatteryLife )で、バッテリーに優しそうな OC のものにしてみました。

フルリカバリ覚書 @ NexusOne

システムアップデートの通知を受けたものの、アップデートには失敗したのですが、折角なので、ノーマル Froyo にしてみようと思いましたので、標準環境に戻してみることにしました。

< 準備 >

  • PASSIMG_Passion_Google_WWE_1.01.1700.1_ERD79_release_signed.zip
  • signed-passion-ota-42745.dc39ca1f.zip (リンク先はもう切れてる)
  • recovery-RA-nexus-v1.7.0.1-cyan.img
  • update-nexusone-FRF85B-root-sig.zip

< フルリカバリ >

  1. 「 PASSIMG_Passion_Google_WWE_1.01.1700.1_ERD79_release_signed.zip 」を解凍して、以下のファイルをコマンドの実行下に配置。
    • boot.img
    • system.img
    • userdata.img
    • recovery.img
  2. N1 を電源 OFF の状態から、ボリュームのダウンキーを押しながら電源を入れて FASTBOOT を選択して電源ボタンを押す。
  3. N1 と PC USB ケーブルで接続( 「 FASTBOOT USB 」の表示に変わる )。PC のコマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行する。
    • fastboot erase userdata
    • fastboot erase cache ( RA-nexus から wipe していたらここまでは不要 )
    • fastboot flash userdata userdata.img
    • fastboot flash boot boot.img
    • fastboot flash system system.img
    • fastboot flash recovery recovery.img
    • fastboot reboot

Froyo の OTA を手動で導入

  1. ダウンロードしたファイルを update.zip にリネームし、SDカードにコピーする。
  2. 電源を切る。
  3. ボリュームダウンキーを押しながら電源を入れる。
  4. bootloader が起動する。
  5. ボリュームキーで上下移動し recovery にカーソルを合わせ電源ボタンで選択する。
  6. /!\とドロイド君が表示されたら、電源ボタンを押しながらボリュームアップキーを押す。
  7. リカバリメニューが表示されたら apply sdcard:update.zipを適用する。
  8. reboot system now を行うとRadioイメージの書込が実行されるので待つ。2~4回程自動的に再起動される。
  9. システムが起動したらアップデート完了。

< リカバリイメージの入れ換え >

  1. ダウンロードした「 recovery-RA-nexus-v1.7.0.1-cyan.img 」をコマンドの実行下に配置。
  2. N1 と PC を接続した状態で FASTBOOT にして、PC のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行。
    • fastboot flash recovery recovery-RA-nexus-v1.7.0.1-cyan.img
  3. 再起動せずに、そのまま BOOTLOADER から RECOVERY で、RA-nexus-v1.7.0.1 を立ち上げる。

< root 取得 >

  1. N1 を Recovery モードにして、Flash zip from sdcard を選択。
  2. 「update-nexusone-FRF85B-root-sig.zip 」を実行。
  3. Reboot system now を実行し、再起動で root 取得完了。

< 補足 >

  • FRF91 の OTA が出ていて、こちらのアップデートパッチ 「 update-passion-FRF91-from-FRF85B.norec.zip 」 を導入させて頂いたのですが、その後に実施した CM6 ( update-cm-6.0.0-N1-alpha1-signed.zip )が、ブートスプラッシュから先へ進まなくなってしまった。そこに、ちょうどリリースされた「 RoDrIgUeZsTyLe@FroYo [v3.2] r21 MOD [FRF91] Fast & 1A Look [02/07/10] 」があったので、上から焼いて解決。

入浴中の N1 の現状 ~其の二~

先日、NexusOne に Android 2.2(FRF85B )の OTA が正式にリリースされ、今週末迄には配信されるようで、アップデートファイルへの直リンクも発表されています。そんな中、先日入れた RoDrIgUeZsTyLe@FroYo からも、早速、FRF85B のカスタムファームがリリースされたので、バージョンアップさせました。

  1. Step_One_Froyo_Radio_Update.zip
  2. RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-MCR-r20-MOD-v3FIX.zip
  3. A2SD-PLUS-ACTIVATOR-FOR-RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-ROMS-V2.zip
  4. boot-cm_2635_rc3_froyo-oc-uv-xtra-btn-aud-ram-neon_fp-062810.zip

アップデート前には、いつものように Nand backup を取って Wipe をしてから、上記の順番に実行して行きます。


「 TwLauncher 」は、Home 画面の数が上に表示され、Applications は横にスライドさせる ListView と縦にスクロールする GridView の切り替えが出来る。

「 LaunchePro 」は、前回別で入れた v6.0.2 が入っています。下段のスライドメニューのデフォアイコンが緑のドロイド君になっています。

他の Theme も紹介されていたので、入替えてみました。LauncherPro が好みなのですが、緑色ベースなのがイマイチだったのが、それが無くなり全体的にブルーが基調になって、結構、良い感じになりました。ランチャーには「 ADW.Launcher 」が( 左 )追加されていました。

入浴させたN1の現状

CM6 のリリースの話もチラホラしており、一度は試しにと Floyo にしたものの、AndroidAgandaWidgetが使えなかったので、CM5.0.8 で使用していました。しかし、Be-Spoke GALLERY さんのところで紹介されて気になっていた ROM が良さそうだったので、弄る事の出来ない iPhone4 を尻目に、導入してみました。

  1. STEP ONE : Step_One_Froyo_Radio_Update.zip
  2. STEP TWO : RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-MCR-r19-MOD-v2.8.zip-FIX.zip
  3. A2SD-PLUS-ACTIVATOR-FOR-RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-ROMS-V2.zip
  4. STEP THREE(A): boot-cm_2634_froyo-oc-uv-xtra-btn-aud-ram-neon_fp-061910.zip

Xda の「 [ROM] RoDrIgUeZsTyLe@FroYo [v2.8FIX] MCR r19 MOD [FRF83] FAST & THE BEST LOOK [06/26] 」にある方法でステップ 1、2、3 と順番に実施すると起動画面でフリーズしてしまうので(方法を良く理解していないだけ)、上記 Be-Spoke GALLERY さんの順番とチョイスのまま、実行して様子を見る事にしました。
いつも使用しているアプリ以外で、機能面で追加したもの

  • TrackballColorNotify-1.0beta3.apk
  • LauncherPro-0.6.2.apk ( この ROM にはデフォルトで 0.6.0 が入っています )

Home 画面は ADW.Launcher より LauncherPro の方が好みです。0.6.2 にアップグレードして App Drawer を 3D にできるのも見た目に面白いです。Floyo で使えないと思っていた AndroidAgandaWidget は、マーケットから入れ直すと使えましたので、私用的には特に Floyo で困る事は無くなりました。Touiteur の暴走も減ったようですし( 無くなった? )。
メモリが殆ど減っていないのは、以前に A2SD を機能させた時に作成した ext3 のパーティションがあるからなのでしょうね。他力本願で、良く理解していないまま突入するいつものパターンです。これで、バッテリーの持ちが良ければ、Wi-Fi 版 iPad のポータブルWi-Fiアクセスポイントとして使用できるのですが。