Desire Z の待機省電力について ~ 続き

前回のフル wipe 後に CM6.1.0 を入れ直した状態では、「 JuicePlotter 」のグラフ上での右肩下がりがなだらかになり、待機中のバッテリー消費も改善された感じ。これならバッテリー1個でも半日( 12時間 )は充分大丈夫そう。予備バッテリーが1個あるので、丸一日安心して使用できる。この状態を、一旦 Nandroid と TitaniumBackup でバックアップを取り、再度フル wipe してから、CM6.1.1 を入れてみた。今回は

  • update-cm-6.1.1-vision-signed.zip
  • update-light-vision.zip( chai さん謹製
  • フォント入替え( モトヤ丸ゴシック )

だけで、

  • Kernel 変更( Kernel 2.6.32.27 – OC-UV-NEON_FP (1.516GHZ) – G2 )なし
  • 省電力を比較するために、「 SetCPU 」の設定は同じで、Max は 1497 MHz のまま
  • ただし、今回は試しに「 魔法の XX 行 」は入れず「 libhtc_ril.so 」の入替えもなし

感覚的には、CM6.1.0 の方がバッテリーの減りが若干少ない感じ。少し様子を見た後で、魔法& libhtc_ril.so 入替えを追加したが、省電力が多くなったような。。。と思いきや、22-08 時迄の待機省電力は 2.5%/h だったので、まんざらでもないかも。

裏付けは無いけれど、気が付いた点

  • CM6.1.1 より CM6.1.0 の方が 省電力は少ない感じ
  • 「 魔法の XX 行 」は b-mobile SIM では関係ない( ? )。導入しても目に見えた効果を感じない
  • デバイスの温度が高いと省電力が多くなるようなので、SetCPU の Profiles で Temp の温度設定を考える( Screen Off を Priority:100 にしていても、ワイシャツの胸ポケットに入れていると体温でデバイスが温められるせいか、待機中でも省電力が多いような気がする )
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中