iPhone4 : White化マイナーチェンジ

前回の iPhone : 黒から白へ で、粗悪なパーツを掴まされた状態でしたが、購入先と何度も交渉を重ねた結果、2度のパーツ再送でやっとマトモなものが届きました。と言っても、購入時のフロントパーツは、LCD Display、Digitizer Touch Panel、Supporting Frame が一体になったユニット(ASSY)状態でしたが、送られて来たのは不良部分のフレームだけ。交渉中のメールでは、剥離剤を使用して接着し直さなければいけないとあったので、不安でしたがiPhoneドクターの方に剥離剤は不要と教えて頂いたので、裏からパネルを押すと案外簡単に外す事ができました。取り付けには軽く接着が必要です。
ab

  • a. パネルとシャシーを分割した状態
  • b. フレーム側面アップの下の方が最初に届いた分で、酷いものです。

と、まあここまでは前回の補足なので、マイナーチェンジでも何でもないのですが、先のパーツのやり取りをしているうちに、半ば意地になってしまった感じのWhite化でしたので、他のショップでもパーツを探していました。すると、MOUMANTAIさんでもiPhone4のパーツが販売されており、状態もかなり良品のようでした。しかし、ショップにアップされるパーツは瞬殺状態でなかなか購入する事ができませんでした。そんな状態でしばらく様子を見ていると、パーツの内容が若干変わって来ました。
 <バックパネル>
   ・ LEDライト部分に拡散用(?)レンズが付いた
   ・ 裏側縦右1/3の部分に黒と同じような黒いシート(or液状)が付いた
 <フロントパネル>
   ・ 3GSのパーツ流用ですが、ダストバーが付属(別料金)
結局、またフロントパネルとバックパネルを買ってしまった。
ついでに、完全White化を目指して、この2つのパーツも一緒に手配しました。
   ・ 純正イヤホンジャックケーブル(白)
   ・ 純正ドックコネクタケーブル(白)
cdef

  • c. 新しいフロント&バックパネル、イヤホンジャックケーブル、ドックコネクタケーブル、ドライバー
  • e. フロントパネルの裏側の比較で、左から、最初に届いたパーツ、新しく購入したパーツ、元の黒
  • f. 新しいパネルには、黒の純正と似たようなLED部分のカバーが付いている

さて、パーツは手配したものの、肝心の交換作業をどうするか。。。
前回は専用の星型ネジのドライバーがどこにも無かったので、iPhoneドクターに外装交換を依頼したのですが、出てくるもんですねー、専用ドライバー。Twitterでフォローしているサイトの記事で紹介されていた『NETSUKE for iPhone 4』。iPhone4にストラップを付ける為の補助アイテム。このパーツを取り付けるためには、問題のネジを外さなければいけないので、専用ドライバーが付属していました。渡りに船で、即購入し、試してみるとさすがです。ピッタリ、スムーズにネジが外れます。これで、後は少しの勇気を振り絞って、思い切って自分で外装交換をしてみることに。
ghijklmnopq

  • g. 『NETSUKE for iPhone 4』
  • h. 中にはストラップを取り付けるシャシー、付け替えのプラスネジ、◎専用特殊ドライバーが入っている。
  • i. ifixitを参考に分解するとこんな感じ。ネジの長さや大きさが違うので、整理しながら分解する。
  • j. ダストカバーは黒にはパネル側に付いていますが、粘着テープが付いているので本体側に貼る。
  • k. コネクタケーブルドックは、ネジを外した後、取り替える方のパーツに貼ってある両面テープの部分を確認て、本体から剥がして外すようにする。また、ホームボタンと繋がっているので、注意しながらコネクタを抜く。
  • m&n. イヤホンジャックケーブルはちょっとややこしいのですが、これもネジを外した後、交換側のパーツの両面テープの場所を確認しながら剥ぎ取る。(取ると、音量ボタンとサイレントボタンが外れるようになる)
  • o&p. ドックとイヤホンジャックを取り替えるとこんな感じで白になる。
  • q. ついでに、NETSUKE for iPhone 4 に付属していたプラスネジ(上)をカット(中)して、星形専用ネジ(下)と交換。
  • 注意 : フロントパネルを留めているステンレスのアンテナ内側の10個のネジは、組み立てで締める際に、パネルとステンレスパーツに隙間ができないよう、押さえながら締めるようにする。

そんなわけで、2時間程掛ってしまいましたが、無事、外装およびパーツ交換ができて、更にリアル度の高いWhite化になりました。

広告

iPhone4 : White化マイナーチェンジ」への6件のフィードバック

  1. 始めまして。
    この記事を拝見して私も白パーツを購入したところ
    パネルとフレームがバラバラで送られてきました。
    パネルとフレームの接着は何を使ったか教えて頂いても良いですか?

    • はじめまして。
      記事には接着が必要と記していますが、これはそのように助言を頂き、実際にパネルとフレームを外した時にも所々に軽く接着した跡があったのですが、最終的には接着剤を使用せずにはめ込んだだけなのです。それが良いかどうかは判りませんが、今のところ特に不具合は出ていません。ご参考にならなくて申し訳ありません。

  2. 初めまして。
    ホワイト化を検索していてたどり着きました

    ホームボタンのケーブルですがLの写真の「差し込む」と
    有りますが、どの様にして差し込まれましたか?
    今回ホワイト化をしてみたのですが、ホームボタンが反応せず
    困っており・・・
    ifixitさんのページにコネクタ?部分を分解ツールで持ち上げている
    写真がありますが、あんな方向から持ち上げると外れるのでしょうか?

    初めて、書き込みをして突然長々とご質問して申し訳ありませんが
    ご享受頂ければ助かります

    • ホームボタンのコネクタを抜く時にも注意が必要だと思いますが、差し込む際には、オス(ホームボタン)側の先端が折れないようにピンセットなどで、できるだけ差し込む方に近いところを摘まんで、メス(受け)側に入れました。
      写真はドックコネクタケーブルを外して定位置より上に置いた状態を撮ったので、変な感じになっていますが、写真のようには離れていません。ifixitの分解手順をよく読んで実施すれば上手くいきましたが、部分的には思い切りも必要ですね。勿論、自己責任の覚悟も要りますが。がんばってください。

  3. ご返信有難うございます。
    今回、ホワイト化を致しましたが、どうにもホームボタンケーブルが入らず
    ドックコネクタ側(メス部分?)を壊してしまいました。。。
    特にメス部分のコネクタ部分を持ち上げたり、パカっと外したりする訳で無く
    ただホームボタンケーブル(オス側端子?)を突き刺すと考えていいのでしょうか?

    度々の質問、申し訳ありません

    • お返事が遅くなって、大変申し訳ございません。
      ドックコネクタが破損されたそうで。。。
      ホームボタンのケーブルを抜くには、ドックコネクタを本体からの接続を外して、少し浮かせてからホームボタンのケーブルを引き抜きました。
      私が気を付けたのは、接続する際に、ホームボタン側の接続部分が折れないようにという事です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中