入浴させたN1の現状

CM6 のリリースの話もチラホラしており、一度は試しにと Floyo にしたものの、AndroidAgandaWidgetが使えなかったので、CM5.0.8 で使用していました。しかし、Be-Spoke GALLERY さんのところで紹介されて気になっていた ROM が良さそうだったので、弄る事の出来ない iPhone4 を尻目に、導入してみました。

  1. STEP ONE : Step_One_Froyo_Radio_Update.zip
  2. STEP TWO : RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-MCR-r19-MOD-v2.8.zip-FIX.zip
  3. A2SD-PLUS-ACTIVATOR-FOR-RoDrIgUeZsTyLe-FroYo-ROMS-V2.zip
  4. STEP THREE(A): boot-cm_2634_froyo-oc-uv-xtra-btn-aud-ram-neon_fp-061910.zip

Xda の「 [ROM] RoDrIgUeZsTyLe@FroYo [v2.8FIX] MCR r19 MOD [FRF83] FAST & THE BEST LOOK [06/26] 」にある方法でステップ 1、2、3 と順番に実施すると起動画面でフリーズしてしまうので(方法を良く理解していないだけ)、上記 Be-Spoke GALLERY さんの順番とチョイスのまま、実行して様子を見る事にしました。
いつも使用しているアプリ以外で、機能面で追加したもの

  • TrackballColorNotify-1.0beta3.apk
  • LauncherPro-0.6.2.apk ( この ROM にはデフォルトで 0.6.0 が入っています )

Home 画面は ADW.Launcher より LauncherPro の方が好みです。0.6.2 にアップグレードして App Drawer を 3D にできるのも見た目に面白いです。Floyo で使えないと思っていた AndroidAgandaWidget は、マーケットから入れ直すと使えましたので、私用的には特に Floyo で困る事は無くなりました。Touiteur の暴走も減ったようですし( 無くなった? )。
メモリが殆ど減っていないのは、以前に A2SD を機能させた時に作成した ext3 のパーティションがあるからなのでしょうね。他力本願で、良く理解していないまま突入するいつものパターンです。これで、バッテリーの持ちが良ければ、Wi-Fi 版 iPad のポータブルWi-Fiアクセスポイントとして使用できるのですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中